それぞれに、、皆それぞれに、、、 2012.06.19 Tuesday 09:17
 あーーー今年も、、すっかり梅雨の季節っ、、、


大型台風!!、、、、、お気を付けて下さいねーーー

皆様、、(ペコリ)

大変大変ご無沙汰してしまいました。

すまんですっ

もう少し早く更新せねばとは思っていたのですが、、、

いやあああああ、、(汗)

ひたすらにひたすらに、、、仕事に、、


又様々な事柄に思いを馳せつつ、、、


本当に日々色々な事が起こりますね〜


























作家の赤江瀑先生が、、、お亡くなりになられました。

ボクの映画デビュー作品「雪華葬刺し」
続いて「オイディプスの刃」

二作品続けて、、赤江先生の耽美世界の映像化に参加させて頂き、

映画デビュー作という事もあり、

先生にはご指導など、直接色々なお話を聞かせていただきながら、


当時、、初映画作品に体当たりしたのが「雪華葬刺し」でした。


その映画製作記者会見の場で、、休憩時

雪華の高林陽一監督が赤江先生に「オイディプスの刃は今、映像権はどちらに?」
と、質問されているすぐ横にボクは座っておりました。




赤江先生は
「あの作品は、実は角川映画第一作にしたいということで
角川春樹さんが、主演に松田優作さんを指名。


フランスロケの下見までやったみたいですが(フイルムを少し撮影されたと当時ボクはその場でお聞きしましたが定かではありません、、)

主人公の三兄弟のうち、、三男の剛生という役がどうしても決まらないという事で

結局、角川映画第一弾は「犬神家の一族」に決まり


今は、、

私の元に映像権利は戻って来ました。

まあ、難しいですね。大変耽美的なシュールな作品ですし、、剛生役がねーーー。」

とふと、、ボクを見て


「あっ京本くんのようなイメージかな、、ピッタリだね(微笑)」

と、、、

そうは言われたボクも、、実はまだ小説は読んでおらず、、、
何の事かサッパリ分からず?



映画デビュー作品

かなりの体当たり撮影中という事もあり、、
カチカチになっていた事を覚えています。


そのボクが翌年、、その角川映画「里見八犬伝」を経て

映画出演三本目の話が、、舞い込んだのです。

ちょうど取材の帰りかなにかで、、
所属事務所のデスクの横に腰を掛けていた当時のボク。

そこに電話が鳴り、、マネージャが対応しているのを

たまたまボクは話を聞いていたのですが

どうも内容が、、ボクに対する出演依頼であった事が分かったボク。


何気に、、

「今のどんな話ですか?」と

マネ「ウーーーン、、映画のお話なんだけど
京都と、、後ね、、フランスに行かなくては行けないらしい」

実は、、、雪華の撮影後、、

赤江先生のお話に非常に興味を持っていたボクは「オイディプスの刃」を既に読んでおり、




すかさず


「それって、、、、もしかして「オイディプスの刃」ですか?」とボク

マネ「(驚いている!!!)」←ボクの勘が図星だった事に


ボク「行きましょう、、、今すぐオーデションでも何でも会いに行きましょう!」

マネ「いや、、その気持ちは分かるけど、、、スケジュールが(汗)」

ボクは、、里見八犬伝が大ヒットした直後で、、既に必殺仕事人への加入が決定しており

テレビの現代アクションドラマを撮影しながらシンガーソングライターとして

アルバムとその主題歌作りに入っており
(過去SPEAK参照)

スケジュールがパンパン。

嬉しい悲鳴の毎日ではあった時ですが、


ボク「とにかく、、、プロデューサーさんにお会いしたい」と、、マネージャーを引っ張って事務所を出た事覚えています。

自分と「オディプスの刃」との縁。

それと「もしかしたら赤江先生からのご指名だったのではないか?」と心のどこかで感じていたのだと思います。


約半年後、必殺の撮影の合間を縫って「オイディプスの刃」真冬の京都ロケを敢行。

間を空けて(その間、「必殺」を撮影)

そして、、、6から7月頃にかけてフランスのロケまで

必殺の撮影に追われている最中にボクは、とんでもない転落事故を起こしてしまい
(過去SPEAK参照)

足に釘を七本も入れたギブス状態で、、、フランスロケに参加した事が昨日の事のようです。







あっ!思い出しました。

当時所属していたビクターのパーティー会場で

松田優作さんが(優作さんもボクと同じレーベルだったのです。)

ボクのもとに優作さんがわざわざ来て下さり。。。
「そうか、、、必殺の京本くんが剛生か」と、しみじみボクの顔を見つめられ

「なるほど、、頑張れよ」と一言声を掛けて下さり去って行かれた事を思い出しました。




優作さんは「オイディプスの刃」を本当に演じたかったのだなと、、心から感じた一瞬でした。



この話はあまり語られていない逸話ですね。

その優作さんもすでに旅立たれ
、、、

この度の赤江先生も


皆さん本当に、、早くに他界されてしまい、、、



先日の長良じゅん会長、安岡力也さん、、、皆さん個人的に大変お世話になった方ばかりがここ最近、、相次いで亡くなられ


本当に、、ただしみじみと、、、


どうぞ皆様のご冥福を心から改めてお祈りさせて頂きたいと思います。


本当にありがとうございました。




感謝です。





























さて、、、、





話を変えましてボクは、、、


日々色々な事がある。起こる中で昨今。



時に自分の好きな事(趣味)にも、、没頭をし、、

気を紛らわしつつ


ひたすらにひたすらに頑張っておりましたよーーーー。


大丈夫ですよ。ボクは、、、(微笑)




皆様はいかがお過ごしでしたか?


ホントに、、、昨今



思うところ、、、


それぞれに、、ぞれぞれに



皆、、、それぞれにと、


ひたすらに感じる今日この頃ですよね、、、、




まあ、人生には本当に色々とありますね。





良きも悪きも





さりとて、、

何を思ったところで、、



時間というものは日々前に前には進んでいるわけです。



ありきたりな言葉ではありますが、、、




ここは、、「後ろを振り向いてばかりいても仕方がない。」

とにかく、、より良い明日がやってきますように〜〜




と、自分の夢を追いかけ、、


ひたすらに努力、、

時に反省すべきところは悔い改め


真摯に頑張って前進あるのみ。と改めて感じる今日この頃です。



とにかくボジティブに進む、、、

中々難しい事ですが


そんな、、、風に

ボクも頑張ろうと、、日々自分と格闘している訳ですっ(爆)






さて、、





昨日の「京本政樹のラジとばっ!」

久々に一人トークでした。

まあ、、、ちょっとした未公開お蔵音源。

蔵出しの貴重音源もありましたね。



本当に改めて感じる事ですが、、、音楽って良いですね〜。




「I love you forever 」

(京本政樹作詞作曲 山本はるきち編曲)
「まるで悲しみが雨のように口づける」の女性バージョンを意識し、製作した楽曲です。

皆様、流石に、、、スルドイですね(微笑)







当時、、ちょっとした事情がありお蔵になり、、、


その時は「ぎぇーーー」と大変ショックながらのお蔵入り。(汗)


ちょっと違った意味で(苦笑)
自身で手掛けた大変思い入れのある曲です。

実はある時代劇アニメのプロジェクトの主題歌を頼まれ
プロデュースをした作品なのです。

細かい話は止めておきますが、、、

結果はひょんな事情でお蔵にはなってしまいました。


しかし、、こうして、皆様に発信できる事も

ニッポン放送でパーソナリティーをさせて頂いて良かったなと改めて今回感じましたね。


ニッポン放送、「ラジとばっ!」スタッフの方々にも感謝ですね。
本当にありがとうございました。(ペコリ)





音楽は楽しいですね。本当に、、、、


いや、、ボクは元来シンガーソングライターを目指していた若者でしたが、、、






現在のボクの本職は俳優。
それも時代劇俳優だと自負しております。



ミュージシャンを目指していたボクが




ひょんな事で人に、ご縁に導かれた「役者道」。
芝居、時代劇の世界ですが。。。


今となっては、、時代劇はボクの天職だと思っています。


いつもこのSPEAKでお話するように

もう一回や二回
これはっ!!!といった年齢なりの芝居。役柄。。殺陣で

ガツンと「勝負」したい、、、


俳優京本政樹を現在より、より進化させたいと、、、
そう言った思いは、いつも心に大きく秘めていますよ。



まだまだもがきますっ。


大先輩たちが、、

沢山の導き、教えを下さった師匠、、先輩方が天国に旅立たれた今、、


とにかく頑張るしかないではないですかっ!!



頑張りますっ!!!!!(キリっ)












と、、


そんな話は又何れ、、、次回?として


音楽が、、



自身の表現だけでなく、、時を経たリメイクや第三者によるカバー

その時代による楽曲ブーム。

又は機材。その時その時の流行や

その時その時の自身の考え。周りのスタッフによる選択に等により

様々な姿を変え


埋もれていた楽曲が、、タイミングや出逢い。



運命、、そして、、、何より やる気さえあれば


半永久的に、、、姿、形を変えて

存在し続ける事、、、







今回のジェロさんによるカバーアルバム曲

「カバーズ5」で改めて感じさせて頂きました。


当時、自身で作り、挿入歌として歌った曲。


「哀しみ色の・・・」
作詞・作曲:京本政樹(原曲歌唱:
京本政樹


自分とは又違った形で、、そのアーティストの表現、、、歌唱によって生まれ変わる事に、、


本来、、そっち(プロデューサー指向)を目指していたボクは、、


今、とても嬉しい喜びを過ごさせて貰っています。


ボクにとって実に楽しい出来事です。


俳優。作家と、、二度の人生を経験させて頂いている気分。

自分の歌のCDでないものを聞く

作家状態のボクの嬉しさ


音楽好きなボクの無邪気な喜びっ(爆)



分かります??(笑)








ジェロ、、



やはり歌うまいな〜とただただ感心、感動をしたり


そうそうたる時代劇の主題歌カバーCD集。


そうそうたる大歌手の方々と並んでに京本政樹がいて、、

(ぎぇー杉良太郎さん、西郷輝彦さん、石原裕次郎さん−−−−−−−−等など大先輩の原曲歌手の大先輩たち(汗))

大作家陣のリストに京本政樹作詞作曲(一人、、シンガーソングライター状態(汗))とあり、、、

平尾先生と遠藤実先生。なかにし礼先生。いずみたく先生や森田公一先生。村井邦彦先生。恐れ多くも、、並ばせていただいているーーーーー

いや、、、

気恥ずかしいのと嬉しいのと(爆)


ジェロ、、、そしてスタッフの皆さんに、、本当に感謝です。

有り難うございました。。











でっ、、、、発売を記念して


次週25日「京本政樹のラジとばっ!」収録での再会、心よりお待ちしておりますよーー


次週は、、25日の収録。録って出しです。。



皆様、、、いよいよ

ジェロ版、「哀しみ色の・・・」解禁です。お楽しみにーー


7月4日発売ですよっ(微笑)

時代劇の名曲の数々、、、ホント、、いいですよーーーーー!!!

どれも名曲過ぎて、、

ホント、、自分が少し気恥ずかしい思いですが、、、。(苦笑)





おやすみなり〜〜スタスタ





























あっ!!そうそう、、、







最近、、ボクの再放送なり何なり

過去の自分が様々な作品がオンエアーされていますねーーーー


これは、、、音楽とは違った意味で


あの時の自分の持てる演技力であったり、、、

逆にあの頃の若さであったり


それは、、、しかし


どれを取ってもやはり、、あの頃の自分であっても


現在の自分には二度と出来ない事がその映像に刻まれている訳です。


又、それが、、この多様なメディア化の時代だからこそ


どんどん皆様の目にも、また自分の目にも



時に新しい感覚で触れることが出来る。

いささか、、当人は気恥ずかしい気持ちもありますが、、


しかしながら、、あの頃

明日の自分を夢見て、怒られても怒鳴られても、、


その瞬間瞬間を必死に頑張っていたボクがいたのも事実です。


俳優になり、、、色んな監督や諸先輩が自分を導いて下さったお陰で、、


こうして皆様にも出逢え、、応援して頂いている。







いつも温かいお言葉で声援、、、時に叱咤激励して頂きながらも


現在のこの年齢まで自分がやって来れた事



ただただ感謝です。


何事も、この「感謝」という気持ちの一言に尽きますね。










ものごと


人生の結果なんて

「終」を向かえるまでは、、分からないのですよね。


今が良いからと明日が必ずとも良いとは限らない。


でも、、その逆もしかり


今が、、決して満足出来なくとも

最終には良い結果が出る事もある訳で、、、




現状におごる事、満足する事なく


又その逆に


後ろばかりを振り向いていても始まらない


真摯に真摯に、、、


時に失敗も反省もそれらを正しながらも一歩一歩前に前に、、、


それぞれに、、それぞれに、、、



それぞれの仕事、、使命において


与えられた人生においての役割において


日々を頑張りましょうね。





それぞれにそれぞれに、、、







自身の事を、、、



身の回りに起こる様々な事柄を時に自身に置き換え、、






深く受け止め








楽しい事も一杯満喫し








夢を目指しながら




真面目に真摯に、、、一歩一歩。。自身の歩幅で


前に進む事。頑張って生きる事。




シンプルな言葉ですが

自身の目標に向けて



「頑張る」「前に進む」「好きな事を楽しむ」


時々、褒めて貰って、、ニタッと心で笑う(爆)












でっ又









「頑張るっ」







常に自分の立ち位置。





時代を読みながらも、、、、、上を向いて前を向いて歩く。




これに尽きるのでは??















皆様も、、、




とにかく、、日々色々とありますが、、、


世の中不安な毎日ではありますが


とにかく、、明日の幸せな瞬間(とき)を夢見て







がんばよーーーーーーーーーー(微笑)




おまけ



(白地に龍の図柄、、新調衣装が正解っす(爆))





それと、、、、本日の「都バス」、、

すみません、、都合により今週もお休みです。



がっ







スペシャルを乞うご期待っ






















ニンっ

RSS1.0